メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > 国際感染症センター

国際感染症センターDisease Control and Prevention Center (DCC)

国際感染症センターご紹介

当センターは平成16年10月1日付けで国立国際医療センター内に「国際疾病センター」として新設されました。これはSARS発生を契機に、新興・再興感染症等に臨床的に対処する公的機関が必要性が認識されたからです。目的は、感染症をはじめ様々な疾病等の蔓延を防止するため国内外に迅速 に専門家チームを派遣し、適正な診断・治療、発生原因の究明を行うと共に、海外渡航者への健康相談等を行い、海外の医療情報を提供するものです。平成24年5月からは、更に国内外の感染症の診断・治療・予防に対する包括的な取り組みを進めるべく、部門名を「国際感染症センター」と変更しました。国民の皆様のご期待に添うよう努力する所存です。当センターは下記のように3部門で構成され、互いに協力しあい活動しています。

スタッフ紹介

氏名・役職主な経歴・学位専門分野・
主な認定資格
コメント

おおまがり のりお
大曲 貴夫

国際感染症センター長
DCC科長
国際診療部長
感染症内科医長併任

 大曲 貴夫の写真

  • 佐賀医科大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 聖路加国際病院内科
  • テキサス大学ヒューストン校感染症科
  • 静岡がんセンター感染症内科
  • 国立国際医療研究センター 国際感染症センター
  • 日本感染症学会専門医・指導医
  • 日本内科学会総合内科認定医
  • インフェクションコントロールドクター
  • Master of Science in Infectious Diseases(University of London)
感染症一般の臨床、病院内外の感染防止対策、感染症に関する危機管理を専門としています。

かながわ しゅうぞう
金川 修造

トラベルクリニック医長

金川 修造の写真

  • 山形大学医学部卒業
  • 国立国際医療センター研修医
  • 国立国際医療研究センター
  • 国際協力専門職
  • 渡航者健康管理室医長
  • 小児科専門医(国際協力母子保健)
  • 日本渡航医学会認定医療職
  • 医師会認定産業医・スポーツドクター
  • 臨床研修指導医
  • Certificate in Travel Health® (International Society of Travel Medicine)
エジプト、パキスタン、ベトナムに長期赴任含め、豊富な海外での活動経験を生かして渡航前健康相談ならびに帰国後の診療を行っています。

かとう やすゆき
加藤 康幸

国際感染症対策室医長

加藤 康幸の写真

  • ジョンズ・ホプキンス大学大学院修了
  • 千葉大学医学部卒業
  • 公衆衛生学修士
  • 都立墨東病院感染症科医員
  • 都立駒込病院臨床研修医
  • 感染症内科
  • 臨床熱帯医学
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本感染症学会専門医・指導医
  • Certificate in Travel Health® (International Society of Travel Medicine)
国際的感染症の分野で調査、研修会などを担当しています。渡航前相談や帰国後の発熱、下痢などの診療が専門です。お気軽にご相談ください。

はやかわ かよこ
早川 佳代子

国際感染症センター医師

  • 東北大学医学部卒業
  • 東北大学大学院医学系研究科卒業
  • 都立墨東・府中病院
  • Wayne State大学 感染症科フェロー
  • Wayne State大学 病院疫学・感染制御フェロー
  • 日本内科学会認定医、総合内科専門医
  • 日本感染症学会専門医
  • Certificate in Travel Health™ (International Society of Travel Medicine)
  • 医学博士
感染症領域の診療、また感染/病院疫学や感染管理の分野等でもお役に立ちたいと思っています。感染症に関するコンサルト等、是非お気軽にご相談ください。

くつな さとし
忽那 賢志

国際感染症センター医師

  • 山口大学医学部卒業
  • 関門医療センター初期研修医
  • 山口大学医学部附属病院救命センター
  • 奈良県立医科大学附属病院感染症センター
  • 市立奈良病院感染症科
  • 日本内科学会認定医
  • 日本救急医学会専門医
  • インフェクションコントロールドクター
一般感染症、病院内感染症、免疫不全関連感染症、海外渡航後の感染症など幅広く診療する機会をいただいております。

たけした のぞみ
竹下 望

国際感染症センター医師

  • 東北大学医学部卒業
  • 東北大学大学院医学系研究科卒業
  • 東京都立駒込病院(内科シニアレジデント)
  • 聖路加国際病院(内科感染症科 臨床研究員)
  • 国立国際医療センター国際疾病センターフェロー
  • 日本内科学会認定医
  • 日本感染症学会専門医
  • 日本感染症学会推薦感染性御医
  • Certificate in Travel Health™ (International Society of Travel Medicine)
海外渡航前の予防接種相談、熱帯感染症、感染症コンサルテーション、結核診療、院内感染対策に関わっています。お気軽に ご相談ください。

たかさき じん
高崎 仁

呼吸器内科
国際感染症センター(併任)医師

  • 横浜市立大学医学部医学科卒業
  • 帝京大学医学部助手
  • 国立甲府病院呼吸器科
  • 呼吸器感染症(結核・インフルエンザ)
  • 日本結核病学会評議員
呼吸器内科:結核をはじめとする呼吸器感染症の診療 国際感染症センター(併任):新型インフルエンザ、新興呼吸器感染症の研究と診療

もりの えりこ
森野 英里子

呼吸器内科
国際感染症センター(併任)医師

  • 横浜市立大学医学部卒業
  • 自治医科大学感染症科
  • 感染症全般、呼吸器疾患
  • 日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
  • 日本感染症学会専門医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本結核病学会指導医
肺炎や結核などの呼吸器感染症を中心とした診療と総合感染症のコンサルテーションをしています。研究や若手医師の教育にも意欲的に取り組んでいます。

やまもと けい
山元 佳

国際感染症センターフェロー

  • 弘前大学医学部卒業
  • 茅ヶ崎徳洲会病院初期研修医
  • 神奈川県立こども医療センター小児総合研修医
  • 小児科専門医資格取得予定
  • PFCCプロバイダー
2011年4月より、当院で勤務させて頂いております。患者さんに満足頂ける医療を提供できるよう励んでまいります。

かたなみ ゆういち
片浪 雄一

国際感染症センターフェロー

  • 奈良県立医科大学附属病院 初期研修医
  • 奈良県立医科大学附属病院 感染症センター 
  • 済生会中和病院 内科
  • 市立奈良病院 感染制御内科
  • 日本内科学会認定内科医
  • 抗菌化学療法認定医
  • ICD
患者さんとのコミュニケーションを大切にし診療に取り組んでいきたいと思っております。

たかや さほ
高谷 紗帆 

国際感染症センターフェロー

  • 国立国際医療研究センター病院内科初期研修医
  • 神奈川県警友会けいゆう病院内科後期研修医
  • 医科学研究所附属病院感染免疫内科専修医
  • 熱帯医学修士
  • 内科認定医
  • Diploma in Tropical Medicine and Hygiene
感染症を中心に勉強させていただいております。

むとう よしかず
武藤 義和

国際感染症センターフェロー

  • 岐阜大学医学部卒業
  • 公立陶生病院研修医
  • 大垣市民病院呼吸器内科
  • 日本内科学会認定内科医
呼吸器および感染症領域を専門としております。患者さんの病気を診るだけでなく全人的な医療ができるような診療を目指して頑張ります。

はしもと たけひろ
橋本 武博

国際感染症センターフェロー

  • 大分大学医学部卒業
  • 長野松代総合病院(初期研修医)
  • 洛和会音羽病院総合診療科
  • 大分大学呼吸器感染症内科
  • 日本内科学会認定内科医
  • 抗菌化学療法認定医
2015年4月から当院で勤務させていただいています。さまざまな症例を学びながら、患者さんに満足いただける医療を提供したいと考えています。よろしくお願いします。

とだ ゆうた  
戸田 祐太

国際感染症センターレジデント

  • 札幌医科大学医学部卒業
  • 日本赤十字社医療センター初期研修医
  • 日本赤十字社医療センター救命救急センター
  • 前橋赤十字病院 集中治療科・救急科
  • 日本赤十字社医療センター救命救急センター
  • 救急医学・集中治療領域
  • 日本内科学会認定内科医
  • AHA PALSインストラクター
  • JTCR JATECインストラクター
  • 東京DMAT
患者さんに安心していただけるような診察や説明を心がけたいと思います。よろしくお願いします。

しおじり だいすけ  
塩尻 大輔

総合感染症レジデント

  • ケニア国、ナイロビ大学医学部卒業
  • ケニア国、キトゥイ県立病院研修医
  • 日本、岩手県立磐井病院研修医
  2016年4月から勤務させていただいております。アフリカ、ケニアで経験し、学んだ熱帯感染症を生かし、皆様に満足いただける医療を提供していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

国際感染症対策室

新興・再興感染症に関する情報を収集し、当該情報を医師などの医療従事者に提供することにより、わが国の感染症対策に貢献することを目標とする。

新興・再興感染症に関する情報収集・医療従事者への情報提供

厚生労働省、国立感染症研究所、検疫所などの国内機関やWHOなどの国際機関と連携しながら、新興・再興感染症に関する情報を収集し、医療従事者に役立つ情報を提供する。

新興・再興感染症の診療に対応できる人材養成

医療従事者向けの新興・再興感染症に関する研修会などを企画・運営し、新興・再興感染症の診療に対応できる人材養成を支援する。

国立国際医療研究センター病院における院内感染対策の支援

新興・再興感染症の診療に対応できるよう、国立国際医療研究センター病院の院内感染対策に関与し支援する。

トラベルクリニック

海外赴任する方の増加に加えて、年配の方や子供の海外旅行者数の増加に伴い、慣れない環境の中で体調を崩したり、持病(生活習慣病などの 慢性疾患)が悪化したりする方の数も増えてきています。また、SARS(重症急性呼吸器症候群)や鳥インフルエンザなどの国際的対策が必要な感染症や、マ ラリアやデング熱、腸チフスなど国内にない感染症への対応として、トラベルクリニックの重要性が認識されるようになりました。国際感染症センタートラベル クリニックでは、渡航者の渡航前から帰国後までの健康管理のため、健康診断や予防接種、慢性疾患管理指導、帰国後診療などを行っております。

感染症内科

感染症内科は2011年7月1日に創設されました。感染症一般の診療(院内コンサルテーションが現在は中心)と院内感染対策を主な業務と しています。今後診療面では診療体制を整えながら、対応能力を整えていき入院の受け入れを増やしていく予定です。院内感染対策については現在診療でつなが りのある医療機関との間で院内感染対策の相互支援を目的として院内感染対策ネットワークの組織に着手しました。これからの感染対策は地域でのネットワーク による支え合いが重要となって参ります。感染の診療・院内感染対策についてお困りの際には、ご連絡頂ければ幸いです。

研究活動

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。