メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 医療安全管理室 > 医療安全管理室について

医療安全管理室について

医療安全管理体制

特定機能病院である当院は、高度の医療を提供する使命が課せられているため、「医療の高度の安全の確保」が管理者(病院長)の義務となっています。 そのため、病院長の管轄の下、医療安全管理部門、医療安全管理委員会、高難度新規医療技術評価部を置き、専従医師、専従薬剤師、専従看護師などが当院におけるセンター病院における医療安全活動の推進、医療安全対策の実施を行っています。

医療安全管理体制

報告体制

現場のスタッフは、職種に関わらず「ヒヤッとした」「ハッとした」事例に遭遇した時、また予想しない事態に遭遇した時は、医療事故防止対策規程に則り、レポート提出をします。

報告体制

患者影響
レベル
内容障害の程度
及び継続性
レベル
0
誤った行為が発生したが、患者には実施されなかった場合
(仮に実施されたとすれば、何らかの被害が予測された)
    なし
    レベル
    1
    誤った行為を患者に実施したが、結果として患者に影響を及ぼすに至らなかった場合
      なし
      レベル
      2
      行った医療又は管理により、患者に影響を与えた、又は何らかの影響を与えた可能性がある場合
        なし
        レベル
        3a
        行った医療又は管理により、本来必要でなかった治療や処置が必要になった場合(消毒、湿布、鎮痛剤投与などの軽微なもの)
          軽度
          [一過性]
          レベル
          3b
          行った医療又は管理により、本来必要でなかった治療や処置が必要になった場合
            中・高度
            [一過性]
            レベル
            4
            行った医療又は管理により、生活に影響する重大な永続的損害が発生した可能性がある場合
              高度
              [永続的]
              レベル
              5
              行った医療又は管理が死因となった場合
                死亡

                *影響レベル 0~3a → インシデント事例
                       3b~5 →   アクシデント事例

                事例検討の体制

                報告された事例は、生じた患者影響の大きさに応じて、レベル0~5に分類されます。事例は、それぞれの部署のリスクマネージャーがチェックと評価をした上で、医療安全管理室にてスクリーニングします。レベル3以上の事例は、リスク分析委員会で内容を検討します。さらに詳細な検討、分析が必要となった事例については、改めて検討の場を設けます。分析した結果は、管理者(病院長)や開設者(理事長)などに報告されます。

                レポート分析の体制(2)

                職員研修

                職員の安全に対する意識、安全に業務を遂行するための技能やチームの一員としての意識向上等を図ることを目的として、年2回、全職員対象の医療安全研修を企画・開催しています。当院では高度な医療提供が求められるため、その時々のトピックスについての研修や、講演会など様々な内容で行っています。また新規・中途採用者への研修も遅滞なく実施しています。

                当院の医療安全標語

                • 2018年度ポスター

                  2018年度 患者確認 フルネームと 生年月日で!

                • 2017年度ポスター

                  2017年度 思い込み あなたの視野を せまくする

                患者さんの権利と患者さんへのお願い

                国立国際医療研究センター病院は、国の定める高度専門医療センターならびに特定機能病院として、患者さんの人格を尊重し、患者さんの自己決定を支援して、相互の信頼に基づく最善の医療を提供します。

                患者さんの権利

                1. 良質で安全な医療を受けることができます。
                2. ご自身の治療に関するすべての情報を知ることができます。
                3. ご自身の意思で、検査・治療を選択することや拒否することができます。
                4. 他院、他の医師のセカンドオピニオンを求めることができます。
                5. ご自身の情報は厳重に守られます。
                6. ご自身の診療記録に関して開示を求めることができます。

                患者さんへのお願い

                1. 治療に必要なご自身の情報をお伝えください。
                2. 安全な医療を受けるために、職員との連携にご協力ください。
                3. 当院の規則や指示をお守りください。
                4. 受けた医療に対し、診療費をお支払いください。
                5. 教育・研修・研究にご理解頂き、ご協力をお願いすることもあります。

                注:上記をお守り頂けない場合は、当院での医療提供を受けられないこともあります。

                関連ファイル

                Get Adobe Reader

                PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
                Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。