メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 看護部

看護部
トップ画像1
トップ画像2
トップ画像3

ご挨拶

general_manager.jpg
国立国際医療研究センター病院
看護部長 木村 弘江

国立国際医療研究センターは、わが国と世界の人々の健康と福祉の増進に貢献するためセンター職員一丸となって最善の医療の提供をめざしています。国立国際研究センター病院は、高度急性期病院として多くの診療科をもち、総合医療を基盤にして高度先駆的な医療の提供を行っています。

看護部においては、質の高い、安全なそして患者さんに寄り添う看護を提供することを目標にしています。 この目標は、一人ひとりの看護職員が、患者さんにとって「良い看護とは」、「あたたかい看護」とは何かを、あらゆる場面で考えながら、看護をしていくことが大切であることを旨として看護の質の向上を目指しているものです。さらには、患者さんの想いに寄り添った看護を行ためには、看護職員一人ひとりが元気に楽しく、活き活きと働けるように看護部全体が看護職員に寄り添うことも大事だと考えています。

そのために、看護職員が、優れたジェネラリストになるための教育体制、そしてジェネラリストを基盤として、スペシャリストの育成に力を入れています。また、当院の役割である感染症対策や国際医療協力を担うための専門研修があり、グローバル社会で活躍できる看護職員の育成も行っています。また、平成27年4月からは独立行政法人から国立研究開発法人となったことで、臨床研究などの領域に看護職が積極的に関わることも期待されています。こうしたことからも、CRC(治験コーディネーター)そして臨床研究を担う看護職の育成にも力を注ぐなど、看護職員の多様なキャリアアップにも取り組んでいます。

急性期病院は、臨床場面で困難なこともありますが、看護実践一つ一つを大切にし学ぶことで看護職として自律でき、看護の喜び・楽しさを感じやりがいを持てるようになります。

看護職として自律でき様々なチャンスのある当院で将来の夢を描いてみませんか。