メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 先進医療

先進医療

新しい医療技術のうち、厚生労働省の先進医療会議において安全性、倫理性、有効性などを審査し、厚生労働大臣より承認された新技術で、一定の条件を満たす病院で実施されます。これは、保険承認の前段階と考えられており、適応も施設も実施方法も限定された治験に準ずる臨床研究です。 承認を得た先進医療は、費用の扱いが保険診療とは別になり、保険診療との混合診療が可能になります。また、包括医療からもはずれます。

前眼部三次元画像解析装置

適応症

緑内障、角膜ジストロフィー、角膜白斑、角膜変性、角膜不正乱視、水疱性角膜症、円錐角膜もしくは水晶体疾患または角膜移植後の患者

概要

この検査は人体に侵襲のない前眼部光干渉断層計により、角膜、虹彩、隅角などをマイクロ単位の精度で計測し、病気の進行、手術適応や治癒過程を評価します。従来、眼科疾患の診断は、医師の主観に左右され易かった。しかし、この先進医療技術を使うと角膜、隅角、虹彩などの断層面の観察や、立体構造の数値的解析により客観的な評価ができることが特徴です。これより病態を詳しく正確に把握でき、疾病の診断精度を向上させることができます。よって手術適応の時期、術式の選択、切開部位や切開範囲の選択などを適切に決定することが期待できます。その結果、手術による侵襲や、術中術後の合併症を軽減したり予防したりすることも可能となり、より良好な視覚機能を得ることにつながります。

実施診療科

眼科

FDGを用いたポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影による不明熱の診断

適応症

不明熱(画像検査、血液検査および尿検査により診断が困難なものに限る。)

概要

38℃以上の高熱が2週間以上つづき、ひととおり検査しても診断がつかない不明熱の患者さんに、従来の画像検査に加えて、先進医療であるFDG PET/CT検査を実施し、熱源診断の精度向上を図ります。

実施診療科

放射線核医学科

詳細

放射線核医学科HP(不明熱PET)

実物大臓器立体モデルによる手術支援

適応症

骨盤、四肢骨又は関節に著しい変形を伴う疾患又は外傷

概要

患部のCT画像を撮影した後、そのデータを元に三次元プリンタで骨格の実物大立体モデルを作製します。このモデルを用いて、実際の手術器具を使用した手術のシミュレーションを行い、難しい症例でも前もって十分なイメージトレーニングを行うことで手術の安全性、正確性が向上します。

実施診療科

整形外科

急性リンパ性白血病細胞の免疫遺伝子再構成を利用した定量的PCR法による骨髄微小残存病変(MRD)量の測定

適応症

急性リンパ性白血病又は非ホジキンリンパ腫であって初発時に骨髄浸潤を認めるリンパ芽急性リンパ腫若しくはバーキット腫

概要

急性リンパ性白血病の治療効果を判定するため、光学顕微鏡では判定困難な白血病細胞の残存(微小残存病変)をRQ-PCR法という遺伝子検出方法で測定するものです。顕微鏡による検査では、寛解(顕微鏡で白血病細胞がない状態)であっても、この方法は更に精度が高く、およそ1万個に1個の異常細胞の検出が可能です。この結果を基に、より良い治療方針を決定することができます。

実施診療科

小児科

術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法

適応症

原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。)
※ 症例登録は終了いたしました。

概要

ホルモン感受性陽性でHER2陰性の乳がんの標準的な治療法において術後補助療法を行う際に、ホルモン剤に加えてS-1という抗がん剤を1年間同時に内服することにより、ホルモン剤だけを内服する標準的な治療法に比べて、生存率が向上するか否かを確かめることを目的としています。乳癌手術後の患者さんを2つのグループに分け、一方のグループには手術の後に現在の標準的な治療法であるホルモン剤を内服していただき、もう一方のグループではホルモン剤に加えてS-1という抗がん剤を約1年間、同時に内服していただきます。どちらのグループになるかは誰の意思も入らず、コンピュータで公平に割り振られます。

実施診療科

乳腺外科グループ

Verigene®システムを用いた敗血症の迅速診断

適応症

敗血症(一次感染が疑われるものであって、それによる入院から72時間以内の患者に係るものであり、かつ血液培養検査が陽性であるものに限る。)

概要

菌 血症とは、血液中に細菌が混入したことによって起こる、重篤な感染症です。原因となる微生物を速やかに同定し治療することが必要です。しかし従来の菌血症 の診断法ではこれに3-4日間の時間が必要でした。全自動遺伝子検査機器Verigene systemを用いれば、血液培養陽性から2時間で菌名同定や薬剤耐性遺伝子が検出でき、通常の細菌検査よりも約2日早く原因となる菌を診断することが出 来ます。このため、全自動遺伝子検査装置Verigeneシステムの菌血症診断における臨床的有用性を調べることを目的としています。

Verigene systemで検出できる菌・耐性遺伝子

実施診療科

国際感染症センター

IL28Bの遺伝子診断によるインターフェロン治療効果の予測評価

適応症

C型慢性肝炎(インターフェロン・リバビリン併用療法による効果が見込まれるものに限る。)

概要

実施診療科

消化器内科

腹膜偽粘液腫に対する完全減量切除術における術中のマイトマイシンC腹腔内投与及び術後のフルオロウラシル腹腔内投与の併用療法

適応症

腹膜偽粘液腫

概要

腹膜偽粘液腫とは、主に虫垂原発の低異型度粘液腫瘍の穿孔により腹腔内に大量に粘液が貯留する病態をいいます。従来は有効な治療法がなく、効果の低い化学療法や姑息的手術のみが行われていました。本先進医療では治癒を目的とした完全減量切除と周術期腹腔内化学療法(術中腹腔内温熱化学療法と術後早期腹腔内化学療法)を行い、その有効性と安全性の評価を行います。

実施診療科

外科

三次元形状解析による体表の形態的診断

適応症

頭蓋、顔面又は頸部の変形性疾患

概要

当科で行う手術や処置前後の顔面の三次元データをレーザー光による三次元解析装置でX線被曝をすることなく、撮影・記録し、その変化を調査・診断します。
レーザー光による顔面の三次元解析

実施診療科

歯科・口腔外科

その他の高度な医療

当センター病院では、いわゆる「先進医療」以外にも各科で様々な高度な医療を実践しています。以下に、高度な技術、手術、検査を示しますのでご活用ください。なお、それぞれの技術等をお受けになりたい場合、あるいはご質問がある場合には各科へ事前にお問い合わせください。

循環器内科

手術・技術

項目適応疾患・病態
高速回転式経皮経管アテレクトミー
(ロータブレータ)
高度石灰化を伴う冠動脈病変
植込み型ループレコーダー 失神
水素ガス治療 急性心筋梗塞
低出力体外衝撃波治療法  バイパス、カテーテル治療不能な
虚血性心疾患

特殊検査

項目適応疾患・病態
α-galactosidase活性 Fabry病
14NH3-心臓PET 虚血性心疾患
中心血圧測定 動脈硬化症
内皮機能検査 (End-PAT2000) 動脈硬化症

消化器内科(消化管)

手術・技術

項目適応疾患・病態
腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除 (LECS) 胃粘膜下腫瘍
内視鏡的食道粘膜切除術
(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)
早期食道癌
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 早期胃癌、十二指腸ポリープ
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 早期大腸癌

特殊検査

項目適応疾患・病態
胃排出シンチグラフィー(固形食) 胃排出遅延が疑われる患者
機能性ディスペプシア

消化器内科(肝胆膵)

手術・技術

項目適応疾患・病態
胃静脈瘤に対するBRTO
(バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術)
肝硬変・門脈圧亢進症
難治性腹水に対するTIPS 肝硬変・門脈圧亢進症

国際感染症センター

手術・技術

項目適応疾患・病態
耐性マラリア診断・治療 マラリア
Tropical neglected diseaseの診断・治療 Tropical neglected disease
輸入ワクチン接種 髄膜炎菌ワクチンなど
高病原性感染症に対する診療体制 出血熱、高病原性鳥インフルエンザなど
難民診療 難民の日本国内受け入れに要するメディカルチェック
黄熱ワクチン接種 黄熱病

特殊検査

項目適応疾患・病態
16S RNAリボゾームを使った微生物の分子生物学的診断 細菌、真菌で一般的手法で微生物名同定困難なもの
遺伝子学的手法を用いた耐性菌同定 多剤耐性菌

呼吸器内科

手術・技術

項目適応疾患・病態
BISモニターを用いた至適意識下鎮静法の検討
(※現在、BISモニターは使用できません)
気管支鏡適応疾患全て
軟性気管支鏡を用いた
呼吸器インターベンション
良性、悪性気道狭窄
局麻下胸腔鏡時の生検手技の検討 悪性胸膜中皮腫等
トレミキシンを用いた血液浄化療法 特発性肺線維症の急性増悪
サーモプラスティーを用いた
気管支温熱療法
難治性気管支喘息

特殊検査

項目適応疾患・病態
局所麻酔下胸腔鏡検査 原因不明胸水

外科(上部)

手術・技術

項目適応疾患・病態
3領域リンパ節郭清を伴う食道切除再建術 食道癌
鏡視下食道切除 食道癌
胃切除後食道癌に対する再建術 食道癌
頭頸部腫瘍を合併した食道癌に対する治療 食道癌
術前化学療法(FP,DCF療法)後の食道切除 食道癌
根治的化学放射線療法後の再発遺残に対するサルベージ手術 食道癌
非切除食道癌に対する食道バイパス手術 食道癌
腹腔鏡下胃切除術(LADG,LAPPG,LAPG,LATG) 胃癌
腹腔鏡内視鏡合同手術(含,単孔式) 胃粘膜下腫瘍
消化管ステント挿入 上部消化管狭窄

外科(肝胆膵)

手術・技術

項目適応疾患・病態
肝切除における3次元画像支援ナビゲーション 肝切除量が30%を超える肝切除時
腹腔鏡下肝切除 肝外側区域、部分切除時
腹腔鏡下膵体尾部切除 膵体尾部腫瘍(低悪性度)手術時
慢性膵炎に対する膵切除+自家膵島移植 疼痛コントロールの困難な慢性膵炎

外科(下部)

手術・技術

項目適応疾患・病態
骨盤内臓全摘術 局所高度進展直腸癌
直腸癌術後局所再発
その他骨盤内悪性腫瘍(婦人科癌など)
減量切除+腹腔内(温熱)化学療法 大腸癌腹膜播種
腹膜中皮腫
腹腔鏡下直腸切除術 直腸癌
 腹腔鏡下括約筋切除術(ISR)  下部直腸癌
 腹腔鏡下直腸切断術  下部直腸進行癌
 腹腔鏡下低位前方切除  下部直腸癌
 腹腔鏡下側方郭清  下部進行直腸癌
腹腔鏡下全大腸切除 大腸癌、炎症性・機能性腸疾患
腹腔鏡下右半結腸切除 右側結腸癌
腹腔鏡下左半結腸切除 左側結腸癌
腹腔鏡下S状結腸切除 S状結腸癌
補助化学療法 大腸癌治癒切除後
分子標的薬を用いた化学療法 進行再発大腸癌
開腹創管理(laparostomy, open abdomen) 外傷、汎発性腹膜炎
内視鏡的大腸ステント挿入 大腸癌による腸閉塞
審査腹腔鏡を用いた腹膜悪性疾患の進行度診断 腹膜悪性疾患(大腸癌腹膜播種・悪性腹膜中皮腫)
PETを用いた腹膜悪性疾患の悪性度診断 腹膜悪性疾患(腹膜偽粘液腫・大腸癌腹膜播種・悪性腹膜中皮腫)
CTを用いた腹膜悪性疾患の進行度診断 腹膜悪性疾患(腹膜偽粘液腫・大腸癌腹膜播種・悪性腹膜中皮腫)
CT/MRI/PETによる側方リンパ節転移診断 下部直腸進行癌
PETを用いた腹膜悪性疾患の術後再発診断 腹膜悪性疾患(腹膜偽粘液腫・大腸癌腹膜播種・悪性腹膜中皮腫)

外科(乳腺甲状腺)

手術・技術

項目適応疾患・病態
RI 色素併用センチネルリンパ節生検 画像診断で腋窩リンパ節転移陰性の乳癌
腹臥位ステレオガイド下マンモトーム生検 乳房微細石灰化病変
超音波ガイド下マンモトーム生検 乳癌が疑われる2cmまでの病変
乳房同時再建 乳癌

特殊検査

項目適応疾患・病態
超音波エラストグラフィ 乳房病変・甲状腺腫瘍
トモシンセシス(3Dマンモグラフィー) 乳癌・検診

心臓血管外科

手術・技術

項目適応疾患・病態
開胸を不要とする頸部デブランチ法併用胸部ステントグラフト内挿術 弓部大動脈瘤
(ないしは遠位弓部動脈瘤)
開胸を不要とする腹部デブランチ法併用胸腹部ステントグラフト内挿術 胸腹部大動脈瘤

呼吸器外科

手術・技術

項目適応疾患・病態
胸腔鏡下(補助下)区域切除術 小型早期肺癌、呼吸機能温存手術
完全胸腔鏡下肺葉切除術 肺癌、肺細菌・真菌感染症
気管支形成、肺動脈形成を要する肺葉切除術 局所進行肺癌
胸壁・肋骨・横隔膜切除を要する肺葉切除術 局所進行肺癌
胸膜剥皮術(P/D) Pleurectomy/Decortication 悪性胸膜中皮腫、腹膜偽粘液腫胸腔内浸潤
胸膜肺全摘術(EPP) 悪性胸膜中皮腫、腹膜偽粘液腫胸腔内浸潤

脳外科

手術・技術

項目適応疾患・病態
脳血管内治療 脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷
   コイリング 脳動脈瘤、CCF
   ステント留置 頸動脈狭窄症
   血栓除去 脳梗塞
   塞栓術 AVM、脳腫瘍
神経内視鏡 水頭症、脳室内腫瘍、脳内出血、下垂体腫瘍
定位的腫瘍生検術 脳腫瘍
定位的血腫吸引術 脳内血腫
ICGによる術中顕微鏡下血管撮影 脳動脈瘤
術中エコー 脳腫瘍、脳内血腫
術中ナビゲーション 脳腫瘍
術中モニタリング(MEP, VEPなど) eloquent area近傍の開頭術全般
術中ABR・顔面神経モニタリング 顔面痙攣, 小脳橋角部腫瘍
ICPモニター 重症頭部外傷
5-ALAによる術中蛍光標識 脳腫瘍
Xナイフ(定位的放射線治療) 脳腫瘍、AVM

特殊検査

項目適応疾患・病態
PET(choline, FDG, methionine) 脳腫瘍
SPECT 脳血管障害

泌尿器科

手術・技術

項目適応疾患・病態
腹腔鏡下副腎摘除術 副腎腫瘍
腹腔鏡下腎摘除術 腎がん
後腹膜鏡下腎尿管全摘除術 腎盂・尿管がん
体腔鏡補助下小切開腎摘除術
体腔鏡補助下小切開腎部分切除術
腎がん
体腔鏡補助下小切開前立腺全摘除術 前立腺がん
小切開腎部分切除術 小径腎がん

眼科

手術・技術

項目適応疾患・病態
網膜3次元画像解析 糖尿病黄斑浮腫、加齢黄斑変性、黄斑円孔
嚢胞様黄斑浮腫、糖尿病網膜症等
内視鏡下硝子体手術 硝子体手術

特殊検査

項目適応疾患・病態
3Dビデオモニター下の眼科手術 白内障手術、硝子体手術

整形外科

手術・技術

項目適応疾患・病態
仰臥位前側方アプローチによる人工股関節 変形性股関節症

形成外科

手術・技術

項目適応疾患・病態
幹細胞添加脂肪組織移植 豊胸術、乳房再建、組織萎縮症の治療
リンパ管静脈吻合 リンパ浮腫

耳鼻咽喉科

手術・技術

項目適応疾患・病態
経口直達鏡下,喉頭咽頭部分切除術 咽頭及び喉頭の早期癌
局所麻酔下声帯内注入術 声帯萎縮・声帯溝症・声帯瘢痕などの難治性疾患

特殊検査

項目適応疾患・病態
高速度デジタル撮像による声帯振動検査 音声障害(診断困難例)
嚥下造影と嚥下圧同時測定検査 嚥下障害全般,手術適応判断

歯科口腔外科

手術・技術

項目適応疾患・病態
顎変形症に対する顎矯正手術 下顎前突症などの顎顔面変形症
高度顎顔面変形疾患に対する仮骨延長法の応用 先天異常を含む顎顔面変形
小下顎症に起因する睡眠時無呼吸症候群への下顎骨前方移動術 小下顎症に起因した睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群に対する下顎前方牽引マウスピースの作成 睡眠時無呼吸症候群
デンタルインプラント 歯の欠損
3D立体構築模型を用いた手術支援 顎変形症、顔面骨骨折
習慣性顎関節脱臼に対する自己血注入療法 習慣性顎関節脱臼
進行性下顎頭吸収に対するスプリント治療 進行性下顎頭吸収

放射線診断科

手術・技術

項目適応疾患・病態
BRTO(バルーン閉塞下逆行性静脈塞栓術) 胃静脈瘤
NBCAを用いた経皮的動脈塞栓術 動静脈奇形
デタッチャブルコイルを用いた経皮的動脈塞栓術 内臓動脈瘤
リンパ管造影によるリンパ漏閉塞術 リンパ漏
経皮的椎体形成術 転移性骨腫瘍
骨粗鬆症に伴う脊椎圧迫骨折
骨盤動脈バルーンカテーテル留置術 前置胎盤
癒着胎盤/嵌入胎盤/穿通胎盤
子宮頸管妊娠
経皮的凍結療法 腎腫瘍,肺腫瘍

特殊検査

項目適応疾患・病態
体幹部の非造影MRアンギオグラフィ 腎障害患者、内臓動脈精査
3Fr細径システムによる全身血管造影・IVR 易出血患者/抗凝固剤使用患者
高速CTによる動態CT撮影 喉頭熱傷
肝容積動態解析 肝硬変患者
副腎静脈サンプリング(分枝採血)による局在診断 機能性副腎腺腫

放射線治療科

手術・技術

項目適応疾患・病態
体幹部定位放射線治療 早期肺癌、他治療の施しにくい状態の肝細胞癌
脳定位放射線治療 脳転移、脳腫瘍
強度変調放射線治療 各種悪性腫瘍
画像誘導下放射線治療 各種悪性腫瘍

神経内科

特殊検査

項目適応疾患・病態
磁気刺激神経生理検査 各種中枢神経病変

内分泌代謝科

特殊検査

項目適応疾患・病態
人工膵臓 グルコースクランプ法
糖尿病患者の血糖日内変動の管理
糖尿病性昏睡時の一時的な血糖管理
周術期・急性患者の血糖管理
厳密血糖管理時の低血糖予防

血液内科

特殊検査

項目適応疾患・病態
造血器腫瘍細胞における薬剤耐性遺伝子産物P糖蛋白の測定 造血器悪性腫瘍

膠原病科

特殊検査

項目適応疾患・病態
病原性が推定される抗ACE2自己抗体を症例分類に利用 膠原病の肺高血圧症
PET/CT検査による高率な新規罹患部位の同定し、実際の診断に利用 脊椎関節炎、リウマチ性多発筋痛症

放射線核医学科

特殊検査

項目適応疾患・病態
コリンPET 前立腺がん、脳腫瘍
メチオニンPET 脳腫瘍、多発性骨髄腫
PiB-PET アルツハイマー病
オクトレオスキャン 神経内分泌腫瘍
99mTcアプロチニン シンチ 全身アミロイドーシス(特に心筋)
胃排出試験 胃機能障害、特に糖尿病性
胸管シンチグラフィー 乳糜胸水
4DSTPET 腫瘍などのDNA合成診断