運動感覚制御(MSSC)|国立国際医療研究センター病院
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 眼科 > 診療のご案内 > 運動感覚制御(MSSC)

運動感覚制御(MSSC)

MSSC(運動感覚制御)とは

現在の診療をより効率的に、患者さんにはより便利にする工夫として生まれたものがMSSC(運動感覚制御)診療グループです。MSSC(運動感覚制御)とは、motor sensory system control の略です。ヒトの運動器官、感覚器官、そしてそれをコントロールする神経系に及ぶ領域を扱います。

ひとつの疾患が複数科の間で関連する部分を有し、ひとりの患者さんが同じ病気でいくつかの科にかかることがあります。

顔面神経麻痺を例にとりますと、耳鼻咽喉科・神経内科・脳外科が主に診察しておりますが、リハビリテーション科(リハビリテーション)・麻酔科(神経ブロック)・眼科(角膜・結膜病変・手術)・形成外科(手術)での治療が必要になることもあります。

現在の臓器別の診療体制では、その都度それぞれの科にかからなければなりませんが、もしそれがひとつの科である程度のことまでカバーされたり、科どうしの連携でスムーズな診療が行われれば、それは患者さんにとって有意義なことだと思われます。

このような観点に立って、協力し合えることは協力し合い、患者さんのためになることならカバーしあって、より良い治療効果を上げようと活動している診療グループが、MSSC(運動感覚制御)診療グループです。

参加診療科

眼科・形成外科・耳鼻咽喉科・神経内科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・麻酔科・リハビリテーション科ただしミーティング、勉強会、講演会などの際には、疾患によっては他科の医師をゲストとして招いております。

対象疾患

例えば次のような疾患が対象となります。

Adie症候群 アトピー性皮膚炎 ウイルス性発疹症 Wegener肉芽腫症 Ehlers-Danlos症候群 外耳道炎 外反母指 カウザルギア 下肢疼痛 下肢の浮腫 花粉症 花粉皮膚炎 眼窩腫瘍 眼窩先端症候群 眼窩底骨折 眼虚血症候群 ガングリオン 眼瞼炎 眼瞼下垂 眼瞼腫瘍 関節拘縮 関節症性乾癬 関節リウマチ 顔面外傷 顔面神経麻痺 義足部皮膚炎 胸鎖関節炎 筋無力症 靴と足のトラブル 頚椎症 頚動脈海綿静脈洞瘻 けいれん 膠原病 骨粗鬆症 サルコイドーシス シェーグレン症候群 視神経炎 失神 湿疹皮膚炎 重症筋無力症 掌蹠膿疱症 褥創 心気症 心気状態 神経痛 ステロイドミオパチー Stevens-Johnson症候群 頭痛 脊髄炎 脊髄血管障害 先天性代謝異常症 装具部皮膚炎 爪下外骨腫 帯状疱疹 大腿骨骨折 多汗症 たこ 脱毛症 多発性硬化症 多発性神経炎 断端痛 弾力線維性仮性黄色腫 転倒 頭部外傷 兎眼 内頚動脈閉塞症 軟部腫瘍 脳血管障害 脳梗塞 脳腫瘍 脳髄膜炎 背部痛 パーキンソン病 原田病 瘢痕性類天疱瘡 ハント症候群 鼻性視神経炎 鼻性視神経症 皮膚悪性腫瘍 皮膚壊死 皮膚潰瘍 皮膚血管炎 副鼻腔腫瘍 ベーチェット病 母斑症 Horner症候群 ミオパチー 無汗症 めまい 腰椎圧迫骨折 腰痛 Reiter病 リウマチ結節 など

眼科領域における対象疾患も多く、眼科も運動感覚制御関連の各科と連携し、総合的な診療を行っております。

  • opticatrophy.jpeg

    多発性硬化症にみられた視神経萎縮

  • papilledema.jpeg

    髄膜炎にみられたうっ血乳頭

  • pachymeningitis.jpeg

    上顎洞腫瘍の眼窩内浸潤(MRI)

  • sinuscartinoma.jpeg

    眼科で発見された肥厚性硬膜炎(MRI)