一般検査部門|国立国際医療研究センター病院
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 中央検査部門 > 各検査部門 > 一般検査部門

一般検査部門

般検査部門の仕事

一般検査室では尿、便、髄液、穿刺液、精液を対象にした検査を行っています。これらの検査は短時間で苦痛を伴わず非侵襲的に行うことができ、身体の状態を良く反映することから、診断の補助として有用です。

尿検査

尿定性検査

全自動尿定性分析装置
Siemens Healthcare Diagnostics社製
全自動尿定性分析装置
"クリニテック アトラスXL"

尿定性検査は健康診断やスクリーニングテストとしてだけではなく、腎・尿路系疾患はもちろんのこと、肝臓、心臓、内分泌系といった全身の諸器官の病態把握 に重要な診断価値を持ちます。当センターでは、全自動尿定性分析装置を用いて、尿蛋白、潜血、ブドウ糖、白血球反応、ウロビリノーゲン、ビリルビン、亜硝酸塩、比重、pH、ケトン体を測定しています。一日当たり外来・入院合わせて約350件の検査を行っています。

尿沈渣検査

尿沈渣検査は尿中に含まれる赤血球、白血球、上皮細胞、円柱、結晶といった有形成分を形態学的に分析し、出血・炎症部位の推定、感染症、腎疾患や糖尿病の病態把握に役立てます。当センターでは、従来の顕微鏡検査と併せて、全自動尿中有形成分分析装置を利用し迅速かつ正確な検査データを提供しています。また、尿路系の悪性腫瘍における異型細胞の検出に力を入れています。

  • 全自動尿中有形成分分析装置

    TOYOBO社製
    全自動尿中有形成分分析装置
    "U-SCANNER II"

  • ろう様円柱

    腎不全患者の尿中に認められたろう様円柱
    尿細管の重度の障害を示し診断価値が高い

  • 異型細胞

    尿中に認められた異型細胞
    尿沈渣検査は悪性疾患の早期発見にも有用


糞便検査

便潜血検査

便潜血用全自動免疫化学分析装置
栄研化学社製
便潜血用全自動免疫化学分析装置
"OCセンサーiO"

便潜血検査は大腸癌の早期発見に重要な検査です。ヒトヘモグロビンに対して特異的な抗体を用いた免疫学的方法によって検査しています。食事の内容に影響されず下部消化管出血を敏感に捉えるといったメリットがあります。

寄生虫検査

寄生虫検査は人体に病害を与える寄生虫、原虫を対象とした検査です。我が国では、寄生虫感染は公衆衛生の改善によって減少していると言われますが、食文化の多様化、生活様式の変化、渡航者の増加等によって依然として問題となっています。 当センターは国際感染症センターが設置されており、国際的感染症において重要な役割を担っています。臨床との連携でこれまでにも数多くの寄生虫、原虫の検出を手がけており、検査室として力を入れている部分のひとつでもあります。 

  • ズビニ鉤虫の虫卵

    ズビニ鉤虫の虫卵
    成虫は小腸壁に咬着、吸血し貧血を引き起こす

  • ズビニ鉤虫のフィラリア型幼虫

    ズビニ鉤虫のフィラリア型幼虫
    濾紙培養法によって得られた
    この幼虫による経口・経皮感染が問題となる

  • 異型細胞

    日本海裂頭条虫の虫卵
    サケやマス等の魚に寄生する
    患者の食事内容が検出の手がかりとなる



髄液検査

髄液検査は脳室、くも膜下腔、脊髄を満たす髄液を対象にして行います。脳脊髄の状態をよく反映し、特に細菌性髄膜炎、ウイルス性髄膜炎の鑑別、治療効果の判定に重要な検査です。

穿刺液検査

穿刺液検査は腹水や胸水等の体腔に貯留する液の成分を検査し、滲出液と濾出液の鑑別を行います。炎症だけでなく胃癌、卵巣癌などの転移、癌性腹膜炎、癌性胸膜炎の診断に重要な検査です。

精液検査

精液検査は不妊症や生殖器疾患の診断のために行います。精液の量、外観性状と顕微鏡を用いて精子の数、運動率、奇形率を検査します。