メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 腎臓内科 > 診療のご案内

診療のご案内

外来診療のご案内

腎臓内科はどんな時にかかるの?

  • むくみ(浮腫)が出現して原因がわからない場合
  • 検尿で異常を指摘された場合
  • 腎機能が低下していると言われた場合
  • 血圧が上昇した場合
  • 慢性腎臓病(CKD)と他の医師から指摘された場合
  • 尿路感染症(膀胱炎、急性腎盂腎炎など)の場合
  • 尿の色が濃くなり(褐色、暗赤色)血尿が疑われた場合

注:このほかにもいろいろな問題を扱っております。どんなことでも遠慮なくご相談ください。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンも随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。なお、手続きについては完全予約制ですので次の URL をご覧ください。

生活習慣病教室(腎臓内科講義)

毎月2回金曜の午後2時45分から数十分間、外来棟2階にて腎臓(糖尿病性腎症を中心に)の講義を行っています。無料で自由に参加できますのでお気軽にご出席ください。日時については、病院内分泌代謝科外来にお尋ねください。

入院診療のご案内

病棟で腎臓内科が取り扱う疾患

  • 急性/慢性腎炎
  • 糖尿病性腎症
  • 急性/慢性腎不全
  • ネフローゼ症候群
  • 難治性高血圧,二次性高血圧
  • 透析導入(血液透析/腹膜透析)
  • 水電解質代謝異常
  • 尿路感染症(腎盂腎炎,腎膿瘍など)
  • 間質性腎炎、尿細管障害
  • 免疫異常や血液疾患に伴う腎障害

腎臓内科の特色と診療体制

入院診療のご案内

腎臓は休むことなく血液を濾過し尿を生成していますが、その過程で体液量を調整し、酸塩基平衡や電解質の調節、血圧のコントロールにも深く携わるな ど、その機能は多岐に及んでいます。実際、腎疾患を有する患者さんでは、心疾患や糖尿病、動脈硬化性疾患、呼吸器疾患、膠原病、感染症、血液異常など他の 領域の問題も抱えているケースが多く、腎疾患だけに目を向けていては万全の治療ができないケースも多いです。したがって、我々は腎臓や透析の専門家であり ながらも常に内科医として幅広い見地に立って診療していくよう心がけています。

当科では、以上の見地から科長はじめ常に医師3人から4人態勢でチーム医療を行っております。

2010年夏に16階建ての病棟が新装オープンしましたので、快適な入院環境を提供できるものと自負しております。

 診療のポリシー

担当医チームによる熱心かつ真摯な取組み

当科では、必ず3人以上の医師がチームで担当致します。受持ち研修医からチームリーダー、科長に至るまで、必要な検査やデータ解析、治療方針決定について毎日きちんとディスカッションし、最良の医療を提供できるようにしています。急変時や緊急透析などの際にも複数の医師で協力して対応するためどんな問題もスムーズかつ迅速に処置しています。

Specialist(nephrologist)と Generalist の視点

当科で扱う疾患は、急性腎不全、慢性腎不全、慢性腎臓病、糖尿病性腎症、高血圧、急性糸球体腎炎、 慢性糸球体腎炎、 ネフローゼ症候群、尿細管障害、間質性腎炎、尿路感染症、電解質異常、血液透析・腹膜透析、浮腫、膠原病や血液疾患および敗血症などに伴う腎障害等々です。いずれも、心臓や循環器系の諸問題、糖代謝・内分泌学、感染症、血液内科学、臨床免疫学、呼吸器病学など内科系のさまざまなジャンルとオーバーラップする疾患ばかりです。したがって、腎不全の病態診断や透析、腎生検、輸液管理、降圧療法、食事療法の指導などいわゆる腎臓学プロパーの内容に精通していてもそれだけでは疾患を克服することはできません。そこで、nephrologist としてのトレーニングはもちろん、常に総合的な内科医として判断もできるよう専門外の領域についても日々研鑽に努めています。

アップツデートの診療とアカデミックな臨床研究

診療の基本は、腎臓学会や透析医学会、高血圧学会などから呈示される最新のガイドラインに従っております。また、多くの論文や書籍、研究会などから得た最新情報も参考にして診療するようにしています。日常診療のレベルを維持し臨床医学の進歩にも貢献できるよう学会活動や論文発表も積極的に行っています(他項参照)。