コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 臨床ゲノム科 > 主な対象疾患・病態

あなたとご家族のこれからを一緒に考え、サポートします

主な対象疾患・病態

小児期疾患 先天異常を中心とした遺伝性疾患 など
産科疾患 習慣流産、不妊症、高齢妊娠 など
神経筋疾患 筋ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、ミトコンドリア病、先天性ミオパチー、シャルコー・マリー・トゥース病、筋強直性ジストロフィー など
内分泌代謝疾患 褐色細胞腫、家族性高コレステロール血症、多発性内分泌腫瘍症、フォン・ヒッペル・リンドウ病、ミトコンドリア病、先天性副腎過形成、ヘモクロマトーシス、糖尿病、原発性アルドステロン症 など
循環器疾患 肥大型・拡張型心筋症、先天性QT延長症候群 、ブルガダ症候群、家族性大動脈瘤・解離、左室緻密化障害 など
遺伝性腫瘍 家族性大腸腺腫症、遺伝性乳がん・卵巣がん、リンチ症候群、リ・フラウメニ症候群、ポイツ・イェガース症候群 など
その他 マルファン症候群、エーラス・ダンロス症候群、オスラー病、骨形成不全症、多発性嚢胞腎、難聴、レックリングハウゼン病、遺伝性血栓症 など
薬理遺伝学検査 抗凝固薬 など

この他にも、ご相談に応じています。

なお、着床前診断は、現在のところ、当科では扱っていません。
出生前診断に関しては準備が整い次第取り組んでいきます。
遺伝性腫瘍(遺伝性乳がん・卵巣がん、リンチ症候群)と診断された方の定期検診プログラムを実施しています。